グランドソントン・オーストラリアでは、グラントソントン世界共通の一つの監査方法論を用いています。

同一の監査方法論を用いているために、世界中どこにいても、お客様は同一で、品質の高い監査を享受することができます。

グランドソントン・オーストラリアの監査方法論「ホライゾン(Horizon)」は、特に注意が必要な会計・監査事項にリスク・ベースで注力しています。

「ホライズン」は最先端テクノロジーと独自に確立されたシステムを使用しています。機械的な証明ではなく、システム、内部統制環境、リスクマネジメント、適切な会計方針の確立を行うことで、コンプライアンスに沿ったビジネスの改良をお手伝いいたします。

ソントン・オーストラリアの監査プロセス

1. 企画

監査専門チームが、お客様の事業、内部統制環境や情報システムについて十分に理解し、お客様の要望に合致する監査計画を設計します。

2. リスク評価

知識を用い、特にビジネスにおける重要分野などの財務報告リスクを評価します。徹底的な調査とその解決が行えるよう、初期段階でリスク・潜在的問題を明らかにします。

3. 内部統制評価

安定した健全な企業を形成するためには確固たる内部統制が必要です。グランドソントン・オーストラリアは内部統制を評価して、実用的な改善事項をご提案します。

4. 監査検査

高性能なデータ・インタロゲーション・ソフトウェアを使用して、預金残高や取引を分析し、事業運営を理解するだけでなくプロセス向上事項を探ります。

5. 結論と報告

最後のステップとして、監査の正確性を再確認します。生のデータから洞察を導き、即座にお客様ご活用いただけるよう報告いたします。

グランドソントン・オーストラリアの最先端の技術

グランドソントン・オーストラリアは、最先端の技術を用いて監査を行います。使用している「ホライゾン」は、統合私有ソフトウェアのボヤージュ(Voyager)方法を搭載しています。監査テクノロジーの詳細についてはこちら

Find out more Merilyn Gwan

Partner & Head of National Assurance Quality

Contact Merilyn