M&Aサポートチームは、オーストラリアにおけるM&A検討時点から取引後の統合まで、実践的な運営に焦点を置いたアドバイスを提供することで、案件の成果とバリューを最大限に引き出します。

一貫したアプローチでオーストラリアでのM&Aをサポート

案件のバリューおよびパフォーマンスの最大化のため、あらゆる段階でお客様と一体となり、戦略策定やステークホルダーとの関係構築、バリュー分析・評価、マネジメントの変更に対し、優先順位を明確にしながら取り組みます。

M&Aを検討中のお客様に対し、組織内で連携してサポートを提供し、以下を着実に実行します。

  • 案件に関する戦略の明確化、バリュー最大化に向けた計画策定
  • 要となる各段階におけるステークホルダー管理およびコミュニケーションプランの策定
  • バリューおよびシナジーの分析および最大化
  • 買収後のスムーズな運営に向けたマネジメント変更プロセスの具体化
  • 把握可能なあらゆるリスクの管理および最小化
  • 想定外の状況をサポートし、マネジメント陣やオペレーションの負担や懸念を解消
Contact Mark Phillips

Partner & National Head of Performance Improvement

Contact Mark

M&Aが成功するには、財務・税務DDに限らず、詳細かつ包括的で注意深い進捗管理が欠かせません。戦略的M&Aに伴う大きなインパクトと機会を踏まえると、案件をスタートからクロージングまで効果的に進める包括的なプランを立て、クロージング後に案件を成功を導くことが重要です。

サービス内

  • コマーシャル・デューデリジェンスCDD):売手または買手目線で、案件特有のリスクおよび機会を精査します。
  • シナジーの評価M&A後のビジネスの統合に向けた基盤づくりとして、案件がもたらすシナジーを見極めます。
  • カーブアウト(一部事業買収・分離):企業内のノンコア事業を分離、または買収する際のアドバイザリーを、オペレーション、財務、法令に関する影響も含めて行います。
  • PMIM&A後の統合プロセス)支援:買収完了後100日間のリスク管理およびバリューの最大化(いわゆる100日プラン)をはじめ、買収済事業の統合支援を行います。
  • 事業売却支援:事業売却から12‐18ヵ月前の重要な期間に実現可能な範囲で運営を改善し、事業価値の向上を支援します。